FN1.jpg

日本三大桜と日本三大桜の名所ご存知ですか?

国内旅行

日本三大桜と日本三大桜の名所ご存知ですか?
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

画像出典元:三春滝桜 takizakura.com


 また、桜の季節がやってきます。とても清々しい季節です。
 それでは、日本人なら一生に一度は見てみたい日本三大桜を紹介します。
 管理人は、今年は、三春滝桜(福島県)、来年は、山高神代桜(山梨県)、再来年は、淡墨桜(岐阜県)と桜見物を計画しています。

日本三大桜

 日本三大桜とは、三春滝桜(福島県)、山高神代桜(山梨県)、淡墨桜(岐阜県)を指します。
 日本人なら一生に一度は見たい桜ですね。

 三春滝桜(福島県)みはるたきざくら 

出典 http://www.takizakura.com


 樹齢1,000年以上、1922年に国の天然記念物に指定されたベニシダレサクラ。
 "滝桜"の名の通り、下に向かって花が咲きこぼれる様子は、まるで滝が流れ落ちるかのよう。枝は四方にのびのびと広がり、満開になると迫力満点。
 樹高は13.5m、根回りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mの巨木で、近くから見た姿は圧巻。

 山高神代桜(山梨県)やまたかじんだいざくら


 樹齢は1800年とも2000年とも言われ、1922年に国の天然記念物に指定されたエドヒガンザクラ。
 ヤマトタケルが東征の際に植えた、衰えた神代桜を日蓮が祈りで再生させたなどの伝説を持つ。
 樹高10.3m、根元・幹周り11.8mもあり、日本で最古・最大級の巨木として、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されている。

 淡墨桜(岐阜県) うすずみざくら


 樹齢は1,500年以上のエドヒガンザクラ。つぼみのときは薄いピンク、満開になると白、散り際は淡い墨色と色が変化していくことから、"淡墨桜"の名がついた。1922年に国の天然記念物に指定。継体天皇のお手植えだと伝えられている。
 樹高16.3m、幹囲9.9mの名桜。


 日本三大桜の名所は次頁へ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

FN1.jpg

月別アーカイブ